讃岐の伝統の味、あん餅雑煮・いりこ飯がこれ一本で簡単にどなたにでも

HOME > あん餅雑煮について

讃岐の郷土料理「あん餅雑煮」

「あん餅雑煮」はいりこと白味噌仕立ての味噌汁に大根、人参をいれ餡いりの丸餅を入れた讃岐の郷土料理です。それを香川県では正月三が日おせちと一緒にたべる家族の定番料理です。最近はメディアによく取り上げられ、あたかも視聴者には変り種雑煮としてあつかわれますが、初めて食べる方がいざ食べてみると白味噌とあんこの相性が良くておいしいとおっしゃる方が多いのが事実です。
ただ問題はあん餅は香川でもいつもあるものではなく、最近増えてはきたものうどんのように
どこでもいつでも食べれる料理でないのが少し難があります。
お餅は砂糖餡が多いのですが、塩餡のあん餅雑煮もあります。具材は大根、人参が定番ですが、地域によってはサトイモ、ごぼう、油あげ。トッピングに青ネギ、青のり、花かつおを入れるところもあります。大根、人参はなるべく「輪切り」にして今年一年丸く収まりますようにという願いを込めてお正月に食べるとも言われています。
あん餅雑煮レシピ

讃岐の素はそれをいつでも食べていただきたくあん餅雑煮セットもお作りしております。
金運のあんもち雑煮
あん餅雑煮セット

白味噌は体に良いことがたくさんです。
白味噌の効能

あん餅雑煮の由来

「あん餅雑煮」は江戸時代末期に讃岐で生まれた郷土料理です。
この料理の特徴の「あん餅」は讃岐高松藩時代の産業振興策にさかのぼります。
「讃岐三白」
高松藩は藩を豊にするために、塩,砂糖、木綿の特産品を奨励しました。サトウキビ栽培には特に力を入れ「和三盆」という白砂糖の製造に成功しました。当時は鹿児島、沖縄で生産される黒砂糖が主でしたから一躍、砂糖は藩を代表する特産品になりました。それ以降ますます砂糖製造は盛んになりましたが、厳格な藩の管理下で作っているのは農民でも彼らの口にはおいそれとははいりません。とは言え自分たちでつくっているもので年に一度の正月くらいは贅沢したい、甘いものが食べたい。それでうまれたのが「あん餅雑煮」です。当時は白味噌も農民にとっては高価なもの。あん餅雑煮は贅沢品のコラボだったのです。
砂糖を餡にいれて餅でくるんで雑煮にする。見た目にはわからないような食べ方、白味噌仕立ての雑煮に砂糖餡が入っているとはだれも思わない。(現代人もそうでしょう)また役人に餅の中に餡が入っていることがばれてしまう事に備えて塩入りの餡が入った「塩入あん餅雑煮」をつくったといわれています。
今でもこの風習が残りあん餅雑煮は「砂糖餡餅」と「塩餡餅」が食べられています。
讃岐のあん餅雑煮は庶民の夢の形だったのです