讃岐の伝統の味、あん餅雑煮・いりこ飯がこれ一本で簡単にどなたにでも

HOME > 讃岐の素でつくる おいしいレシピ > いりこ飯の素でつくるおいしいレシピ

いりこ飯の素でつくる おいしいレシピ

銀付きいりこの香りが口いっぱいに広がる少し甘めの醤油仕立て
そのまま麺つゆに煮物に、いつもの食卓にいりこの味わい深さを加えます。

いりこ飯(お米1合 ~4合分)

○本品50ml ○お米 ○いりこ(または上乾ちりめん)
○大根、人参、油揚げ等お好みで

①お米を研いで水けを切り、炊飯器に入れる。
②お米1合につき本品を50ml入れる。
③目盛りの少し上の所まで水を足す。
④いりこ、野菜等を入れ炊く。
※いりこは頭、内臓を取り除いてご使用下さい。

うどんつけつゆ(2人分)

○本品(100ml)
○水またはお湯1 カップ(200ml)

◎ざるうどんには醤油だし+水
◎釜揚げうどんには醤油だし+お湯

青菜のせっか(讃岐風和物)

○本品50~100m○青菜(小松菜など)1ワ ○油揚げ1/2枚
○木綿豆腐半丁 ○ごま油又はサラダ油大さじ1 ○水100ml

①青菜を食べやすい大きさに切る。油揚げを小さな短時切りにし、熱湯をかけて油抜きする。
②鍋を火にかけ、ごま油を入れ青菜、油揚げを妙める。
豆腐は手でくずしながら入れる。
③醤油だし・水を入れ中火で汁けが殆どなくなるまで煮る。

筑前煮(2人分)

○本品(80~120ml)○ごぼう1/2本 ○人参1/2本
○レンコン1/3本○こんにゃく1/2枚○いんげん3~4本
○サラダ油大さじ1○水300ml

①野菜は食べやすい大きさに切る。
②ごぼう、レンコンは酢水につけあくを取る。
こんにゃく、いんげんはさっと茄でる。
③野菜の水けを切り、鍋にサラダ油を熱し、
いんげん以外の野菜を炒める。
④醤油だしと水を加え、
落し蓋をして野菜が柔らかくなるまで煮る。
⑤最後にいんげんを加えて軽く火を通す。

いりことタコのパエリア(4人分)

いりこ(大羽)8尾 ○茹でタコ(薄切り)100g ○パプリカ(赤)1/6個 ○しめじ1/3株 ○いんげん3本
○長ネギ(粗みじん切り)1/2本 ○ニンニク(みじん切り)1片 ○赤唐辛子(小口切り)2本 ○米2合 ○水380cc
○酒大さじ2 ○いりこ飯の素大さじ3 ○塩少 ○オリーブオイル大さじ2 ○レモン ○トマト ○細ネギ

●下準備
いりこの頭と腹わたを取り、いりこ飯の素に5分程度漬け込み、水気を取る。
米は洗ってザルにあげ、よく水気を切っておく。
パプリカは細長く切り、しめじは小房に、いんげんは塩茹でして半分の長さにしておく。

①フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火にかけ、いい香りがしてきたらいりこ、茹でタコを入れてこんがりと焼き、取り出す。
② ①のフライパンに赤唐辛子、長ネギを入れて炒め、米も入れてよく炒める。
③水、酒、いりこ飯の素、塩を②に入れてひと混ぜする。
④ ③の上にタコ、パプリカ、しめじを入れて蓋をし強火にかける。
⑤沸いてくるまで強火で、湧いたら弱火にして10分ほどパチパチと音がしてくるまで炊く。
⑥音がしてきたら、パッと一瞬火を強めてから火を止め、10分蒸らす。
⑦トマト、アスパラガス、細ネギ、①のいりこ、くし切りにしたレモンを添えて完成。

  • 讃岐の素ご紹介 商品ラインナップ
  • 伊吹島・観音寺 讃岐ギャラリー