讃岐の伝統の味、あん餅雑煮・いりこ飯がこれ一本で簡単にどなたにでも

HOME > 讃岐の素 開発部のご紹介

讃岐の素 開発部のご紹介

~東京娘とあん餅雑煮~

東京生まれの東京育ちの私が、香川に嫁いで初めてのお正月。
お雑煮に入っていたあん入り餅に衝撃を受けました。
作って頂いて、残すわけにもいきません。
あん入り餅はこっそり主人の器の中に。
それから数年、今ではあん餅雑煮が大好きになりました。

日本一のイリコの島、伊吹島のいりこでダシをとって
甘い白みそを溶くと、甘く優しい味のお味噌汁が出来ます。
いりこダシと白みそのコラボレーションにもすっかり虜になってしまいました。

いりこは、頭と腸を取り除き、8時間水につけ、
臭みが出ないようにさっと火を通す。
なかなか手間と時間の掛かる作業です。
この作業を省いて、もっと簡単に讃岐の味を味わって頂けないかと考え
開発に携わらせていただきました。

何度も試作を繰り返し、試食会などで地元の方にアンケートを取って
添加物を使用せず、本物の讃岐の味に仕上げました。
新鮮な伊吹いりこをふんだんに使った濃厚な風味を
ご家庭の食卓に、おもてなしにと是非ご活用下さい。

讃岐の素事業部 ティスティングアドバイザー 川原カリナ PROFILE

川原カリナ
東京生まれ
高校生から7年間ハワイで暮らす
現在、ハレハレコーヒー(自家焙煎コーヒー豆店)を経営
小さな頃から、レシピ本を見ては、
料理を作るのが大好きな子供でした。

アメリカ生活は、見るもの聞くもの全てが刺激的で
食生活はすっかり変わり、アメリカンスイーツやパン作りが楽しくて、
本格的に習い始めました。
英語のレシピ本を買い必死で訳して、
アメリカンスイーツにのめり込んだ日々。
ハワイ生活のおかげで私の料理の世界が広がりました。
旅をして、美味しいものに出会うと、自分で作ってみたくなり
何度も何度も納得のいくまで作り続けたものもたくさんあります。
世界の料理にも興味を持つようになりました。

20代で四国に嫁いで、香川の郷土料理の美味しさに目覚め、
アメリカン一筋だった料理から一転、和食を学びました。
知れば知るほど和食の素晴らしさに魅了されました。
我が家の食卓は、郷土料理とハワイ料理が並んでいたりと実に賑やかです。